医薬品の女性育毛剤としてはロゲインとパントガールが有名

女性用育毛剤 医薬品

女性用の育毛剤の中には医薬品として国に承認されているものもあります。
医薬品の女性用育毛剤としてはロゲインとパントガールの2つが有名で口コミでも効果が評判になっているようです。

 

ロゲインはミノキシジル配合の女性用育毛剤、パントガールはプロペシア配合の女性用育毛剤です。
ミノキシジルはもともと高血圧の薬として開発されていたもので、血圧効果作用の他に発毛の作用があったことから薄毛の治療薬としてロゲインの名前で販売されています。
日本ではOTC医薬品として大正製薬がリアップとして発売していて、そちらの方が有名かもしれません。
女性用の育毛剤としてリアップレディも販売されています。
ロゲインは女性の薄毛の医薬品としてその効果が口コミで評判になっているようです。

 

パントガールはフィナステリド配合の女性用薄毛治療薬です。
もともとプロペシアとして男性用の薄毛(AGA)の薬として発売されているものですが、女性用の薄毛の育毛剤としても医師から処方してもらえるようです。
医薬品の女性用育毛剤であることから、普通のスーパーで売っているような育毛剤よりは効果が見込めると思います。

 

ただし、医薬品なので作用が強い反面、副作用も強力になる危険性があるので注意が必要です。
ミノキシジルはもともと高血圧の薬として開発されたもので、血圧効果作用があります。
そのため、ロゲインは副作用として低血圧があるので気をつけた方がよいです。
ロゲインを適切に使用しなかったために死亡してしまった副作用例もあるそうなので、ちょっと怖いですね。
医薬品の女性用育毛剤を使う場合は、医師や薬剤師にきちんと相談した上で使うようにした方がよさそうです。

 

>>女性育毛剤No1はベルタ育毛剤